自信はどこからやってくる? 2017.3.9


もし、自分に自信があればいろんなチャレンジをすると思いませんか?
だってやろうと思うこと、やって見たいこと、それら全てに”できる、やれる、成功できる”と自信があるんです
逆に言えば、何かにためらったり、行動を起こせなかったりするのは”自信がないから”という理由はとても多いんじゃないでしょうか
じゃあどうすれば自信を持ってチャレンジできるようになるんでしょうか?
昔の僕は肩書きや資格があればできると思っていました
自信がないのはちゃんとした”肩書きや資格”がないからだ、と
しかし、肩書きと資格を手に入れても自信はつきませんでした
今度は名前だけで”実績も実力もない”と
そしてどうしたか
これじゃぁ足りないと言ってまた新たな資格を取得するために勉強を始めました
勉強したり講座を受けたりすると安心します
なぜなら、夢に向かって動いている気になるからです
しかし、知識はついても自信はつきません
結局これは泳げるようになったらプールに入る
作れるようになったら料理をすると同じで
「できるようになるまでやらない」ということです
でも出来るようになるにはプールに入らなければなりません、玉ねぎを切ってみないといけません
やらなければ出来るようにはならないんです
本当の自信は肩書きや資格といった外からつけるものではなく、自らの経験から沸き起こるものです
自信のなさをやらない理由にしている時は、勉強は辞めてまず実践してみる
それで足りないところを勉強するという順番です
勉強は大切です
けれどその勉強、逃げの言い訳に使っていませんか?
「弱音という名の地雷原を最短距離で走ってこい 自信という名のスーツはたいそう丈夫な作りだから」
グロリアスレボリューション/BUMP OF CHICKEN
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

聴くという姿勢 2017.3.8