話すより聞く 2017.2.25


営業をする側、受ける側、どちらが多いでしょうか?
僕はこれまで営業の仕事をやったこともありましたが、やはり営業を”受ける”側の方が圧倒的に多いです
相手が営業のプロなら、こちらは営業を受けるプロ(笑)
こんな商品があります
こんなサービスが出ました
話を聞くと上手な方と下手な方がいますが、上手な方の特徴としては「なぜ僕に必要なのか」をイメージさせてくれます
下手な方は「どれだけ、この商品が素晴らしいのか」を力説します
その場合、良いものとは理解しても必要性を感じません
良いもの=必要な物、ではないですし
良いもの=欲しいもの、でもないんですよね
僕らの普段の会話でも、話し手と聞き手に分かれます
聞き手は話している内容を頭の中で補完しながら聞いています
こういう情景かな
こんな状況かな
そのイメージが近ければ近いほど話がわかる、言わば同じ映画を見ながら話してるようなものです
イメージしている物が違うと、食い違いが起こったり、頭の中に?マークが飛び交ったりします
そんな経験は誰しもあるんじゃないでしょうか
実際に同じものを見ていても、感じ方は人それぞれですから、ある意味全員が別の言語で話しているようなものかもしれません
例えば、同じものを大人に説明する時と子供に説明する時では、話し方や言葉選びが変わってくると思います
この場合、大人と子供ですが、大人だけで分けても、男女、年代によっても通じることが変わってきます
流行語なんて最たる例ですよね
コミュニケーションの上手な人って相手に伝わりやすい言葉やイメージしやすい言葉に、自分の言葉を翻訳して話していたりします
それって、もちろん経験だったり、ボキャブラリーが豊かだったり、言葉の引き出しが多かったりもするんですが、
なによりも上手なのは「聞くこと」
相手の言葉をちゃんと聞いているから、適した言葉に翻訳できるんです
話を聞いてもらっていると思うと、人は嬉しいし安心しますから心を開きやすくなります
心が開くと、よりコミュニケーションもしやすくなる、という効果もありますが
コミュニケーションが苦手だなって思う人は自分が話すことに意識が向いていないでしょうか
聞く側に回った時には「次なんて返そう」と考えてしまってないでしょうか
コミュニケーションの基本は話すより聞く
聞く姿勢こそ、コミュニケーションしやすい雰囲気を作ってくれる必殺技です
「悲しみも汗も悔しさも 全部今度笑いながら 話し聞くよ」
BEST FRIEND/GReeeeN
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です