出来ても◯ 出来なくても◯ 2017.2.24


今日は久々に自分に対してイラっとしちゃった日
朝、予定より準備に手間取り、更にいつもの場所に必要な物がなく、普段25分かけて歩く最寄り駅までの道を12分でダッシュすることに
自分の管理能力の無さに対して「ホンマないわぁ」とか心の中で言ってました
どれだけ心のことを学んで、自分を大切にしようとか、自分にバツをつけないように
と、わかってても人ってやってしまうんですよね
これは僕の先生も言っていましたが、どれだけ学んでどれだけわかっていても、人間である以上やってしまうそうです
やってしまうなら、心を学ぶ意味あるの?って思うかもしれません
昔の僕なら思っていましたね
基本的に出来れば◯、出来なければ✖️の極端な価値観でしたから
そこで重要になってくるのが、どれだけ早く気付けるかということ
学んでトレーニングすればするほど気づくのが早くなります
気づかなければ、垂れ流しの蛇口のように自分への非難の嵐はやむことがありません
今日の僕であれば、電車に乗って非難が始まり
「ハッ⁈まぁこんな日もあるよね、今日帰ったら部屋の整理しておこう」
と、気づくまでにおよそ3分ほどでした
自分を律することは大切ですが、それは非難することや戒めることとは違います
「出来なくても◯」
この考え方も自分をただ甘やかすこととも、怠けることとも違いますが、完璧を求めるあまり苦しい時は、出来ない自分を非難したり卑下するよりも、100歩譲って許してあげる
そのあとで出来なかったことを改善していけばいいと思います
「体は必死で支えている どこであろうとただついていく
強くなくたって笑いたい 涙を拭った勇気の手」
GO/BUMP OF CHICKEN
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

話すより聞く 2017.2.25