楽しそうに見える道 2017.2.22


好きなことややりたいことをしよう!と選択すると、不思議なことにやりたくないことや諦めたくなる出来事が起きます
それは過去に僕がやりたくなくて逃げたことや苦手だから避けてきたこと
でも考えれば当然ですね
今のままで出来るなら、とっくの昔に好きなことをしている人生を送っているはずです
出来ていないということは、まだ僕が越えなければならない課題があるということ
好きなことをしてる人生って楽しそうだなって思ってましたし、実際楽しいです
でも楽しい”こと”ばかりではないんですよね
それに対して文句ばかり言うのか、越えるためにどう工夫しようか考えるのか、その捉え方が大きな分かれ道じゃないかと思います
その課題だって自分自身が越える実力を身につけてもいいし、得意な誰かに越えた先に連れて行ってもらってもいい
自身を高めたり、仲間を集めたり、そうやって越えるまでのプロセスも楽しんでいるから”楽しそう”と誰かの目に映るんでしょうね
どんな舗装された道でも文句を言う人は言うし
どんなデコボコ道でも楽しめる人は楽しむ
結局は全て自分次第
「ひとつひとつ迷っていた 曲がりくねり 何度も躓き傷ついた 夢に近づきたくて」
虹/AAA
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

希望という光 2017.2.21