思考の停止 2017.2.15


社会のルール、学校のルール、会社のマニュアル、僕らが生きて行く上でルールやマニュアルは常について回ります
縛られたくない!と言うのであれば無人島でたった一人で暮らすしかありません
赤は止まれ、青は進め、これだってルールで、みんなが無視しだしたらもうぐっちゃぐっちゃです
だからルールやマニュアルは大切なんです
けれど、だからこそルールやマニュアルと上手に付き合わないと心がへばります
ルールやマニュアルがあるのは、効率を上げたり、安全安心のためや、小さなミスを無くすためなど、そのコミュニティをより良くするためにあります
また過去に起こった失敗を繰り返さないための防止策で作られることも少なくありません
僕が以前勤めていたドラッグストアは頻繁にマニュアルが変わる現場でした
常にこのやり方の方が効率がいいのではないか?
ミスが少なくなるのではないか?
マニュアルを作る側には意図するものがあります
けれど現場に降りてくる時に意図も含めて説明されることは多くありませんでした
結果、「なんでこんなめんどくさいことをしなくちゃいけないんだ」と不満の声も上がり、
実際僕も不満の声を上司に言ったこともあります
けれど組織に属する以上、マニュアルを無視するわけにはいきません
立場上、自分はもとよりスタッフに守らせなければなりませんでした
どうすれば守ってくれるのか?
結果自分で意味や意図を考えて説明するクセがつきました
そして、意味や意図を理解して行うスタッフとわからないまま行なっているスタッフとでは、明らかに精度や効率に違いがでました
僕自身もわからないまま行なっている時は何が正解かもわからないし、何が良くなっているかもわからないので、とてもストレスを感じた記憶があります
そのストレスから抜け出すには2つあります
1つが意味や意図を考えて理解していく
または教えてもらい自分で納得するというもの
そしてもう1つが何も考えずただ言われたままにすること
言われたことだけをやればとても楽です
なぜなら思考しなくていいから悩まなくていいし
ストレスを感じなくて済みます
しかし、感じないだけで溜まっていないわけではありません
それに感じなくすればするほど、他の感情にも鈍感になっていきます
だから愚痴でもいい、弱音でもいい
吐き出すことです
誰かに言えないなら書いてもいい
ノートに思ってる感情を書き殴るのも効果があります
とにかく溜め込まず、思考を停止させないことがルールやマニュアル、ひいてはストレスとの上手な付き合い方です
「いつの間にか強くなる事と 鈍感さをはき違えていた」
愛すべき明日、一瞬と一生を/GReeeeN
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

視点とクセ 2017.2.14

次の記事

失敗してもいっか 2017.2.16