ドラえもんから学ぶ 2017.1.24


おとといテレビで「STAND BY MEドラえもん」が放送されていました
ドラえもんの映画はけっこう好きで、去年だったかも「日本誕生」がリメイクされたと聞いて劇場まで観に行った記憶があります
この作品、当時は”ドラ泣き”なんてキャッチコピーで宣伝していて、劇場で観た僕は実際に泣きました
おとといは久しぶりにテレビの前に2時間座り、鑑賞しましたが、やっぱ良いなぁ~って思います
ドラえもんやのび太たちが話す言葉がいろんなメッセージを持っているように心に響くんです
劇場で観た約2年前と今では響くポイントもやっぱり違います
今回、僕が一番響いたシーンが、ジャイ子と結婚する未来からしずかちゃんと結婚する未来に変わったことをドラえもんの持つアルバムで知るシーン
その時のセリフがこちら
「君のおかげだよドラえもん」
「それは違うよ、それこそ星の数ほどある可能性の中から君がきっかけを掴んだんだ」
いかがでしょうか
きっとこれだけでも人によって色んな受け止め方があると思います
未来をこうしたい、将来ああいう風になりたい、それを叶えるのは他の誰でもない自分自身なんだ、そんなメッセージを僕は受け止めました
僕らの世界には未来の可能性を映すアルバムなんてありません
だから確定した未来を知ることは出来ないんです
けれど劇中でのび太は逐一アルバムを確認していたわけではありません
「今」目の前に起こっていることを必死で考えて、自分で決めて、行動していたんです
未来が見えないからこそ
「このまま進んで大丈夫かな」と、
不安になることもあるし、誰かに後押しして欲しくなる時もあると思います
そんな時こそドラえもんのセリフを思い出すといいかもしれませんね
いやぁ~ドラえもんはセラピストの鑑だなぁと思います
「遠くで ともる未来 もしも 僕らが離れても
それぞれ歩いていく その先で また 出会えると信じて」
ひまわりの約束/秦基博
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

たられば 2017.1.25