すべてはモテるためである 2017.1.18


タイトルに惹かれて読んでみました(笑)
が、ただのマニュアル本ではなく心の在り方を扱っています
将来的に恋愛や性の分野も視野に入れている僕ですが、この本では僕の伝えたいことの一部が書かれています
なのですごく共感
こんな仕草が好かれる、とか
こんな服装がモテる、とか
そんなことは書いておらず、著者はとにかく僕たち読者に対して、「考える」ことを訴えてきます
どういう風にモテたいのか
なぜモテたいのか
に、始まり
子供の頃に好きだった映画やアニメは何か
どのシーン、どのキャラ、どのセリフに惹かれたのか
そういったことまで考えてみようと促しています
目標やビジョンを達成するために「明確化」する
というのが有効な手段の一つですが、まさにこれは「明確化」へのプロセスでもあります
でも恋愛やモテるとかって理論理屈で”考える”ものじゃなくて感情や感性で”感じる”ものじゃないの?って思いません?
巻末に著者と哲学者の対談が載っているのですが、そこで著者は「考えないで感じきれ」と言っています
、、、、どっちやねん!!
静かなカフェで読んでいたので、心の中で突っ込んだわけですが、筆者はこう続けました
”そもそも「感情をストップさせる」から、考えが堂々巡りして臆病になってしまう。自分の感情から逃げないことが、この本で提示してきた「考えること」のエンジンになると思うんです。”
すべてはモテるためであるより引用
思考と感情はどちらか一方ではなく、両輪として支え合って”僕”という人間を創ります
それは恋愛においてもビジョン達成にしても同じです
別の言い方をすれば「右脳と左脳」だったり「計画と実践」だったりとバランスの大切さを教えてくれます
何かに特化すれば確かに武器になりますが、そういう方たちもそういう方たちで、悩みや不安を持っているので、すべてにメリットデメリットがあるということです
どちらが良い悪いではなく”こういう考えもあるよ”という思考の選択肢ですね
「生きるとは選択肢 たった一つを選ぶこと」
きっかけ/乃木坂46
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

経験を語り継ぐ 2017.1.17

次の記事

人間性を上げよう 2017.1.19