感情の着地点 2017.1.6


自分の主義、主張を通すこと
ある人から見れば自分に対して素直になってるんだと映るかもしれない
またある人から見ればわがままで自分のことばかり、人の気持ちを考えない人と映るかもしれない
結局この世界には良いも悪いも、正しいも正しくないもないし、逆に言えばみんな自分が正しいと思ってる
それぞれが折れずにぶつかるからこじれたり、戦争になったりするんでしょうね
自分の考えを貫くことも大切だけど、ぐっと感情をこらえることも必要な時がある
やっぱり何事もバランス
これを選べば絶対大丈夫なんてものは無くて、その時その時の状況、環境でベストな選択は変わってくる
だから知識として、”こんな考え方をしよう”とか”こういうふうに捉えよう、解釈しよう”とか学ぶことは大切だけど、何よりもそんな状況が来た時に自分の感情とどう向き合えるのか
感情の着地点をどうするのか
自分にとっては望んでいないアクシデントが来た時に感情がどう動くのかを体験することは、計り知れない成長と学びの時なんだなぁと思います
先日、ある方の体験談を聞いていて感じたことでした
「決心のきっかけは時間切れじゃなくて
考えたその上で未来を信じること」
きっかけ/乃木坂46
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

参拝ツアー 2017.1.5

次の記事

急がば回れ 2017.1.7