ただいま水素元年  2015.10.24

最近何かと話題の水素。
1部の芸能人がテレビで口にしていたり、書店で水素関連の本もとても増えたと思います。
私は本屋に行くことが趣味で特に自分が興味のない棚も見ます。
すると面白い1冊と出会ったりするものです。
先日立ち寄った大型書店の美容のコーナーに水素に関する本があったのでパラパラと覗いてみたところ、2015年は水素元年になりこれから飛躍的に需要と供給が拡大していくそうです。
実際数年前と比べると水素を知っているという人も格段に増えましたし、水素を取り扱う会社も増えたと感じます。
かくいう私も4年ほど前から水素水を愛飲していますが、当時は水にお金をかけるなんてとバカにされることもありました。
ではこの水素ってなにがスゴイんだ?というのを2、3回に分けて書きたいと思います。
理科の時間に習ったことを思い出してください。すいへーりーべーとか覚えませんでしたか?
この1番に来るのが水素です。
ここで化学式がどうこう言っても難しいのでざっくり簡単にしていこうと思います。
ストレス、紫外線、喫煙、不規則な生活によって体は健康な状態から遠ざかっていきます。
この大きな理由が「活性酸素」によるものです。
活性酸素は老化やガンを始め、様々な病気の原因とも呼ばれています。
この活性酸素をやっつけてくれるのが「水素」なのです。
さらに水素は宇宙で1番小さい物質なので、脳や子宮など体の隅々まで入っていくことができます。
また必要でない分はそのままスルッと出ていくので、とり過ぎて害になることもありません。
ここで話は変わりますがルルドの泉をご存知でしょうか?
フランスとスペインの境にあるカトリック最大の巡礼地の1つとなっているのですが、その理由がこのルルドの泉です。
このルルドに湧いた水を飲むと、不治と思われていた病が治り、それは「説明不可能な治癒」とされ、公式に奇跡と認定された症例も存在します。
このルルドの泉に多く含まれていたのが水素だったのです。
現在水素をいち早く取り入れているのが、美容、運動、治療の業界です。
次回はこの辺りも取り入れて書いていきたいと思います。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

2015.10.23