いい出会いを望むなら 2016.12.19


クリスマスも目の前ですが、僕の周りには独り者が多いです
こんなところも”類は友を呼ぶ”なんでしょうか(笑)
そんな僕がよく耳にするのが
「いい出会い、ないかなぁ」
男性女性問わず、恋人が欲しい人たちのあるあるワードかなぁ、なんて僕は思っています
でもそもそも、いい出会いの「いい」ってなんなんでしょう
自分の理想ドンピシャの相手との出会いでしょうか
それとも出会った瞬間、相手が自分に一目惚れするような出会いでしょうか
僕なりに色々考えてみましたが、自分にとって都合の「いい」出会いしか浮かんできませんでした
もちろん振り返って、あれは「良い」出会いだったなぁ、と感じる出会いはたくさんあると思います
だけどここで出てくる「いい出会いないかなぁ」は時間が経ってからわかるようなものじゃなく、その瞬間に感じるものの気がします
でも僕は「いい」出会いを望むことは悪いことではないと思っています
じゃあいい出会いを形にするにはどうすればいいのか
自分の理想の人と付き合うなら、自分もそれなりの何かを持っていなければならないでしょうし、一目惚れさせるなら、なおのことでしょう
結局のところ、都合の「いい」出会いを望むなら、自分の事を「良い」と思ってもらえるような自分にならないと形にするのは難しいと思います
いわゆる「自分磨き」というやつですね
かっこよくなりたい、キレイになりたい
自分を磨くために充分な理由だと思います
「まわるまわるよ 時代はまわる 別れと出逢いをくり返し 今日は倒れた旅人たちも生まれ変って歩き出すよ」
時代/中島みゆき
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

波長を合わせる 2016.12.18

次の記事

夢物語を楽しもう 2016.12.20