受け入れる 2016.12.7


一気に冷え込み気がつけば「さぶさぶ~」と言ってしまいます
口に出した言葉が現実を作るなら、寒いと言えば言うほど身体は寒いと感じることになります
では「寒くない」と言ったら
否定語の場合はより強くする効果があるので更に寒く感じてしまいます
それなら「暖かい」と言ったら
イメージ力の強い方なら実際寒さは和らぐと思います
けれど、口では暖かいと言っても身体は寒いと感じているので「やっぱり寒いよ!」という気持ちの方が強くなりがちです
そんな時が「受け入れる」というやつです
心の癒しやメンタルマネジメントの本に書かれていることが多いのですが、僕はこの「受け入れる」または「認める」という感覚が当初掴むことができませんでした
受け入れるってどうすれば受け入れる事になるの?って
さっきの「寒い~」は「今日は寒いな」
悲しんでいる時は「僕は今悲しんだな」
怒ってる時は「僕は今腹が立っているんだな」
これが受け入れるってことになるんですが、なにをやっているのかと言うと、、
怒りや悲しみなどの感情に支配されている状態を「心の嵐」と例えられたりします
この嵐はいわゆる「かまってちゃん」なんです
”僕はこんなに怒ってるんだ~”
”私はこんなに悲しいんだよ~”
と自分自身に猛アピールしてるわけです
なので、先ほどの「受け入れる」
すると、感情は暴れるのをやめてくれます
気付いてあげると感情は満足するんですね
心の嵐を抑え、晴れ間を注ぎ込みましょう
「雨や風が絶対吹くのは 分かってる
こらえて 立って 笑って 雲の隙間の陽を
見上げよう」
タンポポ/GReeeeN
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

方法論 2016.12.6