人と会話するなら直接 2016.11.20


人と話す時の状況やパターンは色々思いつくと思いますが、僕が普段意識しているのは、”なるべく直接会う”ということ
LINEやメールで済ませられる話題の時(日時確認や連絡事項的なもの)は、もちろんそちらのが便利で早いので使いますけどね
なので僕は電話の頻度が一番少ないです
電話自体がそんなに好きじゃないというのも理由かもしれませんが(^^;
電話があまり好きじゃない理由と直接会う理由は重なっているのですが、僕は”ながら”が嫌なんです
直接あっていれば目の前の人に集中できます
けれど、電話の場合、集中しようとしてもどうしても少しは気が散ってしまいます
そして、これが一番大きな理由ですが、僕は話している時、相手の表情や雰囲気、しぐさなどを意識して言い回しや表現を変えたりしています
僕がスカイプ鑑定や電話鑑定をしないのはここです
雰囲気はその人が全体的にまとっているもので、どうしてもスカイプや電話では受け取れませんし、画面にも入りきりません
逆に僕の話も身振り手振りを交えてわかりやすく伝えることをベースにしているので伝わりやすさも落ちてしまいます
クオリティを下げるくらいなら、やらないほうがマシかなって思ってます
何か理由があってどうしても直接が無理という人なら考えますけどね
プライベートでも連絡はマメな方かと思いますけどドライです(笑)
お茶にしても飲み会にしてもその場の雰囲気や空気感を楽しみたいので、面白いことや楽しいことがあればその時までネタのストックって感じです
リアルなコミュニケーションが希薄な時代だからこそ、腹割って話すには飲みニケーションが良いと思うんだけれど、パワハラ扱いになるのかなぁ(笑)
「夢を叶える最大の方法は強く強く念じ、強く強くイメージする事。そして酒を飲み語る事」
島田紳助
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

弟 2016.11.19

次の記事

先義後利 2016.11.21