ストレス 2016.11.16


現代社会はまさにストレス社会と言われるほどあらゆるストレスに溢れています
その結果数多くのストレス解消法やストレスフリーを掲げたメソッドがあります
僕のセッションも”息苦しさ(生き苦しさ)からの解放”をテーマの1つとしているので近いものがあるかもしれません
さて、ストレスと聞くと”=嫌なもの”と思っていないでしょうか
実はストレスは心や体に受ける刺激に対しての反応のことなので、上司に怒られたり、思ったように事が運ばなかったりした時に感じるのはもちろんですが、好きな人と一緒にいてドキドキしたり、運動をして気持ち良かったり、こういった事もストレスと呼ぶんです
そして人間の思い込みが凄まじいのはストレスを良いものと思っていると、精神的な不調が起こりにくいとされています
僕は以前、このことを知った時1人でカラオケに行き「ストレス最高ーーーー!!!」と叫びに行ったことがあります
この時はメンタル的にかなり落ち込んでいた時だったので、大きな声を出してエネルギーを上げる目的もあったのですけどね
結果はエネルギーが上がったのか考え方がかなり前向きになりました
心のメンテナンスの1つとしてけっこうオススメです
こんなやり方1つでも”いわゆるストレス”とうまく付き合うことはできます
しかし、ストレスによって身体に不調が表れたりするということは心にも余裕がなくなっている状態
身体の不調は心からのサインや悲鳴なんです
前向きな発想や解決法、プラスに考えたり、解釈することは心の余裕から生まれてきます
ですのでストレスを受け続けると更に抜け出せなく耐え続けることしか考えられなくなってしまいます
実際僕は、上記の時とは別に進む道も逃げる道も何も見えなくて、どうしたら現状に耐えていけるだろうと悩み続け身体を壊していく日々を送ったことがあります
ストレスを良いものと感じるのも悪いものと感じるのも自分自身
心からのサインや悲鳴に耳を傾けるのも、聞こえなくしてしまうのも自分自身
常に自分がどういう状態なのか知ることが自己管理でありストレス管理です
みんなもこれくらい、ではなく自分はどうなのか
他者ではなく自分が基準なんです
「ほらね、今日も聞こえてくるよ 素直な自分からの叫び
いつのまにか強くなることと鈍感さをはき違えてた」
愛すべき明日、一瞬と一生を/GReeeeN
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です