自己啓発依存症 2016.1023


自己啓発や成功哲学の本を読み終わると、心に火が灯る、「なんだかやれそうな気がする!」とテンションが上がる
で?
以前の僕がそうであったように、ここで終わると何も変わらない
まるで薬物のようにその時だけハイになって、一歩も前には進んでいない
むしろ、「読んでも変われなかった」という想いが心の何処かに残る分、薬物同様悪化しているとさえ言えます
「やれそうな気がする!」と思うなら、その時に「やる」
どんな名著を読み漁るより、たった1つ小さな行動を起こす方が自身に変化をもたらすんです
別に本が意味をなさないわけではありません
僕自身本が好きですし、むしろ読み漁るタイプです(笑)
ただ知識は持っているだけでは、タンスに入ったお金のように、なんの役にも立ちません
得た知識は実践して初めて意味を為すんです
15分早起きして、散歩してもいいし、新聞やネットのコラムを1つ読んでもいい
たった15分でも1か月行えば7.5時間です
これが少ないと思うか多いと思うかは人それぞれですが、何かを変えるには動くしかないんです
「行くぞ!僕らは進み続ける 「旅人」 なんだ 未だ遠いけど
楽しい事 嬉しい事を 見つけ集め歌おう」
旅人/GReeeeN
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

楽しみ方 2016.10.22

次の記事

好かれたい思い 2016.10.24