完璧主義 2016.10.16


完璧主義のタイプは何かを始める際、「できるかどうか」を考える
↑あっ僕のことです(笑)
そうなんです、できるかどうかを考えて時間を食ってしまうんです
できるかどうかはやってみないと分からないわけで、どんなに考えたところでそれは机上の空論に過ぎないんですよね
それに完璧主義ってどちらかというとネガティブなイメージの方が大きいかも知れませんね
細かいことまでうるさいとか
小さなミスも許さないとか
理想が高すぎるとか
完璧じゃない自分を認められないとか、かな
だけど完璧主義者の良い面だってあります
完璧であるがゆえに高い目標に対しても計画性があるし、やり抜く力もあります
隠れた情熱家も多いし、簡潔に説明をまとめるのも上手だったりします
なので、「できるかどうか」も始めた後だと「どうすれば出来るようになるか」「もっと出来るようになるには」にシフトチェンジしていくのでとても頼りになります
ただスタート時においては「できるかどうか」ではなく、まずは「やるかやらないか」が鍵
完璧主義者は繊細な人が多いので失敗することがすごく嫌いで怖いんです
だからできるかどうかを必死で考える
自分が傷つきたく無いから
でもその怖れと向き合えば完璧主義の良い面を使っていける
自分は完璧主義かもな~って思う人はまず、「やってみる」
僕らの本領発揮はそこからですよ
「出来ないからやらないんじゃない 出来ないからこそやるんじゃないの?」
Continue/SEAMO
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

ポジティブ病 2016.10.17