must 2016.10.12


心やメンタルというものを取り扱っていると、色々な人の考え方や悩みに触れる機会が多いのだけど、一つ共通点をあげるとしたら真面目な人ほど悩みが多い
でも真面目が悪いわけじゃない
先日も「真面目」という記事を書いたけど、本来真面目は「本気であること」「真剣である様」という意味
ここでいう真面目は「ルールや規則をしっかり守る」という、本来の意味とは違うけど日常この意味で使われることが多い方の”真面目”
ルールや規則だって破れという話しじゃなく、どうしてそのルールが必要なのかという本質を見なきゃいけないと思うのだけどね
ここでいう真面目な人の心の中に強くあるのは
「must」
~しなければならない
~でなければならない
~あらなければならない etc…
いろんなmustに縛られて動けなくなっているよう
実際僕も昔はこのタイプだったんですごくわかるんですよね
いろんなルールを自分で勝手に作り出しては、それに縛られて、どんどん自分を追い込んでいってしまう
長男とはこうあるべき
男とはこうあるべき
友達にはこう接するべき
彼女には、バイトでは、etc…
でも極論を言えば、しなければならないことなんて何一つ存在しない
そんなことないと思った人はまだまだ「must」の呪縛に縛られてます(笑)
こうして、自分の決めたルールに縛られて、悩みを大きくしていってしまう
だから本来の真面目に戻って真剣に考えてみる
本当にしなければならない?
本当にこうでなきゃいけない?
主体性を取り戻せば多くの悩みは問題解決へと動き出すんです
「誰かにけしかけられてばかりいて ひとりじゃ迷子のようにうろたえる
立ち止まって 考えろよ 本当に欲しいものは何だろう?」
ゆるぎないものひとつ/B’z
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

自分の限界 2016.10.11

次の記事

本当のリラックス 2016.10.13