風景 2016.9.24


美しい風景や雄大な大自然とか、僕らは美しい景色に惹かれる
なんでだろう?
もしかしたら理由なんてないのかもしれない
本能というか心の本質みたいなものに「綺麗な景色大好き!」とインプットされているからなのかな
僕はあれこれ理由をつけたがる性格だから、あれこれ思いつくけど、どれもしっくりこないからやっぱりそういうことなのかもしれない
ただそんな景色の中にいると、自分の悩みがちっぽけなものに感じて前向きになれる感覚
「大丈夫!」って言われてるような気がする
人によって感じ方は違うと思うけど、安心感とか感謝とか、気持ちいいとか、心が晴れていくとか、多くの人は似たような感覚じゃないかと思う
そう考えると美しい景色には心の状態を前向きに修正してくれる力があるんじゃないかな
ハッピーな時や前向きな時って同じ景色でも輝いて見えるあれ
あっこんなとこに綺麗な花が咲いてるって気付けちゃうあれ
前向きな気持ちの時に見る風景が美しいなら、その逆の美しい風景を見れば前向きになれるってことだと思う
綺麗な景色を見たがっている時は心が一度リセットしようとメッセージを送ってる時かもしれないね
「歓びながら 哀しみながら 香しき花になれ
山を越え谷を越えて しなやかに風と躍れ 君よ」
美しき花/福山雅治
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

バーニングマン 2016.9.23

次の記事

言葉の限界 2016.9.25