やっても死なない 2016.9.18


今年の2月、印象コンサルタントの方と話をしていた時のこと
以前から知り合ってはいたのだけれど、ちゃんと話したのはこの時が初めてだった
その日は「セミナー講師になりたい人のためのセミナー」を開催するということで向かったのは大阪の蔦屋
そう、あの超絶おしゃれ空間!
どこを向いても本があるという、本好きの僕にとって幸せスポット
初めて訪れた蔦屋にテンションが上がる僕に、更に衝撃が訪れた
それはセミナーがマンツーマンだったこと
もちろん、キャンセルもあったそうですが
僕の中では「セミナー」というものは最低でも10人以上の前で話すものという固定概念があった
だから少人数のセミナーということにも驚いたし、結果マンツーマンでも「セミナー」と呼んでもいいというのは、僕の固定概念が崩された瞬間だった
この固定概念を砕いてくれたことは今でも、とても感謝している
もし以前のままの考えであれば、未だに一歩を踏み出していなかっただろうし、10人呼べるようになったらセミナーをします、という逆の順番で、ずっともがいていたと思う
その時に「やっても死なない」という言葉を貰った
一歩踏み出す不安、恐怖、勇気が出ない、そんな感情たちをそっと包んでくれる安心感のある言葉
何にそんな不安になっていたんだろう?
何を怖がっていたんだろう?
その一言はそんな気持ちにさせてくれた
その方が軽い気持ちで言ったのか、大切な言葉として選んでくれたのか、その気持ちまで推し量ることは出来ないけれど、その一言は僕の心に今もしっかりと刺さっている
「オレガヤレバ コレが道となる 時が来れば次の道が開く」
オレガヤレバ/寿君
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です