頑張るというのは、、 2016.8.9


小学校の校長先生の話を覚えてる人いますか?
おそらくほとんどの人が覚えてないんじゃないかな?
こんなことを言うと教師の方に怒られてしまいそうですが、、、(笑)
だけど僕は1つだけ覚えている話があるんです
6年生の頃、転校先で迎えた初めての4月でした
新しい学年になったから、頑張りましょうという内容の中に、
「”頑張る”というのは”少し無理をする”こと」と言っていた記憶があります
不思議なもので校長先生の顔も名前も声さえも覚えていないけど、全校集会で聴いたこのフレーズだけは30歳を越えた今も頭にこびりついてます
「頑張りましょう」とはよく言われるし、よく使う言葉ではあるけど、なにをどうすれば「頑張る」になるのか?
それを具体的に伝えてくれた初めての言葉だったんじゃないかなって思ってます
大人になってうつ病の人に「頑張れ」って言っちゃいけないのも、無理したくてもできない状態だからって考えると妙に納得できたりもしました
それに「少し」って言うのも伝え方が上手いなって思います
少しだけのムリなら「やってみようかな」って思えちゃうんですよ
どれだけ相手の目線に合わせて伝わりやすい言葉を投げかけるのか、大人になって初めて先生の凄さがわかってきます
「東京タワーで昔 見かけたみやげ物に はりついてた言葉は 「努力」と「根性」」
がんばりましょう/SMAP
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

リーダーへの道 2016.8.10