好きこそものの上手なれ 2016.8.8


久しぶりに家にこもっての雑務処理の日でした
とはいえ、なんだかんだとやることも溜まってたから処理しきれてないですが(笑)
だけれどめんどくさいことをやる前は気が重いけど、やり始めると集中できるのは好きなことに直結していることだからかもしれないなぁと思います
結局人間は好きなことは出来るんですね
時間かけたり、こだわったり、好きだからできるしもっと良くしたいと取り組める
嫌いならどれだけ楽に終わらせれるかを考えるからこだわるなんて発想でてきようがないもんね
夏休みの宿題なんてまさにこれだったなぁ(笑)
夏休み始まる前は7月で終わらせようなんて考えるけど、いざ始まったら休みの誘惑に負けていつも最後の3日ぐらいで必死にしてた思い出です
そんな宿題でも1つだけ早く終わらせてるものがあった
それが「百字」
なんか昔から漢字が好きで書き続けることが苦じゃなかったんですよね
書くことも好きだからかな
好きこそものの上手なれっていうけど大人になると本当にそうだなぁって感じる今日この頃
「着替えは入れました 宿題も持ちました 柱の傷跡と一年ぶり背比べ」
蜜柑色の夏休み/福山雅治
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

耐える 2016.8.7