熱中時代 2016.7.23


先日、ポケモンGOが配信されプレイした方も多いんじゃないでしょうか?
かくいう僕もプレイしてみました(^o^)
プレイした感想は熱中してハマるというよりは懐かしさを感じました
思い返せば僕がポケモンと出会ったのは中学1年の時「赤、緑」が発売され、それはもうどっぷりハマりました
当時はインターネットがない時代なので、攻略情報は攻略本か人づて
特に「大技林」と呼ばれる裏技集を持っている友人にみんな集まりました
ゲームボーイと通信ケーブルをこっそり通学カバンに忍ばせ、休み時間や放課後に持っていないポケモンを交換してもらっていた記憶があります
不思議とそんなに仲良くない人とも、ポケモンの事となると積極的に話しかけていたんですが、自分の「好きなこと」に関してはメンタルブロックがかからなかったのかもしれませんね
こういう昔ハマったもの、楽しかったもの、面白かったもの
大人になってやってみると、当時ほどの情熱やハマるといったことは少なくないですか?
あとはゲームやアニメなんかも昔の方が面白かった、今のゲームは、、、とか
今の方がクオリティや技術が向上して昔よりも格段に作品として高いもののはずなのに当時のように熱中しない、ハマらない
これはある意味で僕たちが大人になった証拠とも言えます
僕らは子供の頃をピークに感性が衰えていきます
多感な思春期を越え、箸が転んでもおかしかった日々が終わりを告げます
そして、ゆっくり感情の振れ幅が小さくなっていくんです
大人になっても子供の頃の感性を大切にしている人が素敵に見えるのは、「好きなこと」がわかっていてそれに熱中しているから
あなたの好きなことってなんですか?
あなたの嫌いなことってなんですか?
子供の時は好き嫌いをなくしなさいって言われるけど、大人になったら好き嫌いを知らなければ、好きなことさえ見えなくなってしまう
自分の好きなことをする、自分が喜ぶことをする
それは自分を大切に慈しむということ
大好きな人の好きなことや好きなものをチェックするように、自分の好きなことや好きなものもチェックしていきましょう
「何が君の幸せ?何をして喜ぶ?わからないまま終わる そんなのはイヤだ」
アンパンマンのマーチ
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

感謝と抱負 2016.7.22

次の記事

こだわり 2016.7.24