逆 2016.7.19


今日は朝一からヨガのマンツーマンのレッスンを受けたのですが、僕の体はいろんな癖があるそうです
姿勢を正すと腰を反り気味
首を圧迫しがち
左の筋肉が収縮
などなど
他にも細かいのを入れるとたくさん、、、
驚愕だったのが指摘された箇所=身体の不調を自覚していた箇所
だったんです
姿勢が大切と改めて認識するきっかけになったわけですが、この日のレッスンはヨガのポーズ一切なし(笑)
ひたすらに手なら手、足なら足、背骨なら背骨と部位ごとに動かし意識する練習
そして、動かす方向は普段の自分と全て「逆」に動かす
普段曲がってるところは縮こませ、縮んでいるところは伸ばす
頭では理解していてもなかなか身体が言うことを聞かないもんです
そして、この「逆」をするという発想
身体の歪みを正していくこともそうですが、思考の歪み、つまりは現状あまりうまくいかないという時にも有効であったりします
うまくいかない時はどこかに何かしらの歪みがあります
今行っていることの逆をすることでフラットな状態、±0の状態に戻せます
うまくいっている時は必要ないものですが、うまくいかない時、ピンチに陥った時、こういう「逆転の発想」をしてみるのも現状打破に繋がる1つになるんではないでしょうか
最後に僕の友人でもある舞台演出家、八角数計の言葉で締めたいと思います
「みんなと逆のことしたら、うまくいくねん。だってみんなしてない事やもん。」
八角数計/舞台演出家
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

納得 2016.7.18

次の記事

やる気スイッチ 2016.7.20