雨上がりの空を見上げて 2016.7.13


↑仕事帰り雨上がりの空
手前(低い位置)の雲と奥(高い位置)の雲だと流れる速さが違って見える
手前の雲の方が早く動いて、奥の雲がゆっくり動く
実際にどうかは知らないけれど、視覚的に僕にはそう見える
僕の見てる未来も、近い未来の方が慌ただしく変化していく
その時の状況ややれる事、やるべき事も絶えず変化する
それに合わせてどれだけ自分を変化、適応させて流れに乗れるだろうか
そして遠い先の目標ほど悠然と変わらずそこにある
こうなりたい、ああなりたい
そう思い描いたあの頃のイメージのままで、心の空に浮かんでいる
時にかき消され、見失う時もあるけれど、いつの間にかまたひょっこり現れ、見つけることができる
そうやって少しずつ形の無い未来を現実に変えていく
なんて事を考えながら見上げた空
「君の願いは届くだろう 戦う事をやめなければ」
your song/鎧武乃風
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

嫌な部分 2016.7.12

次の記事

自分を動かす言葉 2016.714