初心 2016.7.5


やりたいこととやるべきこと
この2つが一致すればとても強力なエネルギーになる
だけど「やるべきこと」をどう捉えるかで大きく変わる
たとえばやるべきことを、夢や目標のために必要だからやって当然だ!というモチベーション
一方で義務感を伴って「やらなければならない」と感じてしまって取り組む場合
言わずもがな前者の方が良いパフォーマンスになるし、身につくスピードも速い
しかしながら、義務感に陥ってしまう例は多い
だからこそ「何のためにそれをするのか」をしっかり認識しなくちゃいけない
いわゆる「初心」
初めに感じた感覚、感性はとても大切
ことあるごとにしっかり思い出してぶれない自分でいたいもんです
「いつか描いた明日 今は遠い空 現実に追われて 枯れそうにもなるけど ギラギラ輝くための大事な時間 ひっそりとでも 我慢強く春を待つ蕾のように」
ガチ三宮/湘南乃風
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

失敗の定義 2016.7.4

次の記事

振り返ると 2016.7.6