鑑定師な1日 2016.7.3


今日はことだま鑑定師としての活動でした
とあるフォーラムの運気アップのコーナーに出させていただき、のべ17~18人(スタッフの方も含めると20人ほど)鑑定させていただいたと思います
本来であれば一人一人に時間をかけて行うのですが、今回は依頼主様側からの意向もあって決められた時間内で行わせていただきました
1日中しゃべり倒したのは初めてでしたし、決められた時間内で伝える情報の取捨選択、これまで事前に準備や下調べしていた事をその場で行っていく即興力、相手の反応を見て言い回しを変える観察力など必要なスキルの多さに戸惑いながらも、とても良い経験でした
僕自身が及第点に達していたかはわかりませんが、終了後喜んでいただけていたという声を聞けて嬉しかったですし、ホッと安心しました
出来るか出来ないかのギリギリで勝負する
でも「できるかも」と思う時点で出来るんですよね
もちろん出来る為に努力や行動は必要ですし、何もせず達成することはできません
しかし、葛藤するということは出来る可能性を感じた何よりの証拠
迷いや葛藤が生じたときは飛び込む勇気は必要だけど、案外やってやれる自分に気付けるかもしれません
「出来ないからやらないんじゃない 出来ないからこそやるんじゃないの? 格好悪くてもやってみようよ 君が思うより 君は強いんだよ」
Continue/SEAMO
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

ハンドルの先は 2016.7.2

次の記事

失敗の定義 2016.7.4