社交辞令 2016.7.1


僕の辞書に社交辞令はない!
と書くとなんとなくカッコいい気も、、(笑)
だけど実際は社交辞令ができない、言えないが正解です
相手の社交辞令を読み取ることは出来ますけどね、しっかり読み取って社交辞令を返すというのは社会において必要なスキルかもしれないけれど、、、僕の中でしっくり来ない
これも僕の中のマイルールの1つなんだと思うけど「口にした言葉に責任を持つ」という考え方
「またお茶でも」「また飲みにでも」とか社交辞令の代表作だと思うんですけど、相手に言われた場合、「じゃぁいつが空いてますか?」とスケジュール調整にすかさず入ります
逆に自分が言う場合も社交辞令ではなく本気ですから、相手が社交辞令で返そうが本気で返そうが「じゃぁいつにしましょうか」とスケジュールを抑えにかかります
その他に「またお土産でも持ってきますね」と言ってガチで持って行ったこともあります
この時の相手はめちゃくちゃ仲の良いわけでもなく会話の中に僕が近々旅行に行くって話がポロっと出ただけだったり
もちろん相手は驚くんですけどね(笑)
それでも「あの一言をよく覚えてましたね」って喜ばれる方が体感的に多いと感じてる
だからこんなマイルールができたんでしょうね(笑)
このルールが良いか悪いかは別にして、年齢が上でも社会的な立場が上でも、ビジネスシーンでもプライベートでも特に分け隔てなく行ってきた
その結果、どのシーンでもプラスに働いてることの方が多いかなって思う
気持ち的に強気にもなれるしね
こういうところにも行動力のヒントはあるのかもしれないなぁ
「そして今日もタイミングだけはずさないように 笑顔作ってる」
ヒトリノ夜/ポルノグラフィティ
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

6月の総括と謝辞 2016.6.30

次の記事

ハンドルの先は 2016.7.2