恋から学ぶ 2016.6.21


”自分が動かなきゃ何も変わらない”
このメッセージは何度かブログでも書いたと思うんだけど、こう思うきっかけになったそもそもの出来事がある
上京して2年目、21歳の時のこと
バイトの先輩に誘われて人生初の合コンに参加した
その時に彼女は居なかったし、初めての合コンでドキドキしていた
だけど先輩2人とも彼女が居なかったし、サポートで立ち回ってなんとかアドレスをゲットしようと考えていた
今はどうかわからないけど、当時関西弁はモテた
なので3対3で始まって、二次会はボーリングをして、帰る頃には(僕基準で)一番可愛い子と仲良くなり今度は2人で遊ぼうという約束までしていた
しかし、最重要の”会う日”は相手が大学生で試験が始まるということで、試験終わりに会おうとなった
この合コン当日から約1ヶ月弱後ではあったけど、日程が決まった事に僕は安心してしまった
これが大きな過ちだった、、
会う日が目前に近づいてきた頃、僕自身も演劇の発表公演がありそっちにかかりきりになっていた
発表公演も無事終わり、打ち上げに行く途中彼女からメールが来ていた
「前から気になっていた人と付き合う事になりました。もうメールや電話はしてこないでください。」
(;゜0゜)
( ゚д゚)
_| ̄|○
打ち上げの一画は僕の慰め会へと変わった
それ以来僕は、こと恋愛に関して攻めのスタンスを取るようになった
あの時、もっとメールを送っていれば
会う日程を上手く調整できれば、、
上手くいっていると安心しなければ、、
確かに「たられば」論なので、したところで変わらなかったかもしれない
だけどあの時僕の中で「待っているだけじゃ何も進まない」とスイッチが入ったのは確か
きっかけは恋愛ではあったけど、この考え方はベースとなって今の行動に活かされている
体験に勝る学びはないなぁと教えてくれる思い出の1つだ
「君を失くした後で 見つけ出すんだ 君との出会いがあった事」
super nova/BUMP OF CHICKEN
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

「今」の感情 2016.6.20

次の記事

運命とは?? 2016.6.22