感謝の意味 2016.6.5


最近ありがたいことに感謝することが多い
人とのご縁であったり、空けれなそうな予定を相手の方ががんばって空けてくれたり
このブログも6月に入って読んでいただいている方が先月の倍近く増えました
理由はさっぱりわかりませんが(笑)
ただ、読んでもらえているというのは単純にとても嬉しいです
「感謝」は日常でもよく聞く言葉ではあるけれど先日、木下眞行さんの講演を聞く機会がありました
「焼肉きのした」などキノシタグループの代表取締役でお笑い芸人TKO木下のお兄さんでもあります
その中で一番印象に残ったのが「感恩報謝」という言葉
実は「感謝」は略語
元々は四字熟語で「感恩報謝」
本当の感謝は恩に報いて成り立つという意味合いです
もちろん「ありがとう」と恩を受け取ることも大切ですし、ありがたいとしっかり感じる
そして、恩返しや恩送りという言葉があるように誰かに「恩」を返していく、渡していく
ここまでがワンセットで感謝ということになります
日常、感謝感謝と言っていますが果たして僕はそれに見合った恩を返しているだろうか?
いろんなチャンスをいただいて、いただいたチャンスを活かすんだ!という思いも必要だけど、まずはそのチャンスや期待に報いることを忘れちゃいけないなと振り返るきっかけをいただきました
ちなみに

サインもいただきました(笑)
これらの恩にも色んな形で報いていきたいと思います
「“ありがとう”って言葉をいま あなたに伝えるから」
ありがとう/いきものがかり
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

アイドルソング 2016.6.4