母の日 2016.5.8


親のありがたみっていつ気づくんだろう
ある人は言った
「それは、君が親元を離れ1人で生活をし始めたらだよ」
確かにその通りだった
掃除、洗濯、夕飯、お弁当、洗い物、それにかかる食費、光熱費、水道代、ネット代etc…
こっちは仕事から帰ってきたらクタクタなのに、そこから家事をこなしていく
自分の為の時間をどれだけ家族に費やしてきたのだろう
そのことを考えただけで目の奥が熱くなる
またある人は言った
「それはあなたに子供ができた時よ。女は子供を産んだ時、男は子供を育ててる時、きっと感じるわ」
いつか僕も子供ができたら今よりもっと感じるのだろうか
そんなことを想いつつ、今日は母の日
美味しそうなタルトを手に家路を急ぐ
「あなたがくれたこの名前は いくつの願いこめられてるの そこから見える私の素顔は 誇れるものですか」
誕生日には真白な百合を / 福山雅治
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

ピッパ 2016.5.7

次の記事

目的と目標 2016.5.9