演じることで自分らしさに近づく

こんにちは

『ビジネス現場での”自信”を作り上げる』

ビジネスメンタルトレーナーのアズマカイトです。

 

昨今巷では「自分らしく」や「ありのままに」といった風潮が多くあります。

かくいう私自身もこの意見に対して肯定的ではあるのですが、実はこの考え方が効く人と効かない人がいるのはご存知でしょうか?

 

私は何年も「自分らしく」を追い求めてきました。

”今よりもっと自分らしく才能を輝かせる環境があるはずだ”

”今よりもっとありのままに生きることができるはずだ”

そんな風に思って「自分らしく」「ありのまま」を探し回りました。

 

けれどそれは外には全然見つからず、今度は自分の中を探し回りました。

探して探して、、、

そして最後にたどり着いた結論がブログタイトルにある「演じる」だったのです。

言葉としては真逆の意味を持つこの2つですが、実は演じれば演じるほど「自分らしさ」に近づいていけるのです。

 

今回は「自分らしく」が効く人と効かない人の違いは何か?

そして、なぜ演じれば演じるほど自分らしさに近づいていくのか?

をお伝えしていきます。

 

あなたのいう「自分らしさ」とはどういう状態か?

まず「自分らしさ」とは何か?という事を考えなければなりません。

人によってある程度共通項があると思いますが、細かいところは人それぞれ違うでしょう。

 

「自分らしさ」というゴールにたどり着くために、ざっくりしているということはナビで言う大阪に行く、東京に行く、のようなもので大阪のどこに行きたいのか、東京のどの街で何をしたいのか?がすっぽり抜け落ちている状態です。

 

大阪や東京などの現実の場所であれば、ある程度行ってから考えることも可能ですが、こと心の分野においてゴールは目には見えないし、たどり着いたかも感覚頼りなので「とりあえず」で進む事ができないのです。

 

結果的に「自分らしさ」を多くの人が求めているにもかかわらず、なかなかたどり着けないと悩んでいる人が跡を立ちません。

 

ではどう言う人には「自分らしく」と言う言葉が効果があるのでしょうか。

 

ずばり言うと”過去に経験しているかどうか”

 

過去に経験している事であれば、その時の状況や感情をゴールにすれば良いわけです。

 

 

しかし冒頭の私はというと

”今よりもっと自分らしく才能を輝かせる環境があるはずだ”

と探したわけですが、過去に才能を輝かせ生き生きとして生活をした経験がありませんでした。

 

つまり経験した事がない「自分らしさ」とはこう在りたい!と言う願望なのです。

願望ということは未だかつて行った事がない未開の地ですから、「自分らしく」や「ありのまま」を目指すのではなく、願望の叶えている”理想の自分”をゴールにしなければ辿り着かないのです。

 

だってそうでしょう。

理想の自分は今の自分にとってはまだ「自分らしくない」自分なのですから。

 

どうして演じれば、自分らしくなるのか?

その上で理想の自分を徹底的に演じていくわけですが、

「演じる」ことと「ありのままに」は言葉としては真逆ですよね。

 

ではなぜ演じる事が「自分らしく」や「ありのまま」に近づいていくのか?

 

こういったメンタルや心の分野で演じるという言葉のイメージとして、「自分を偽る」とか「自分に嘘をつく」という意味が強いので真逆に感じるのですが、そもそも人はなぜ偽ったり嘘をつくのでしょうか?

 

多くの場合は自分のプライドを保つためだったり、人に嫌われたくなかったり。

その結果、本当はやりたくないことや言いたくないことでも人に合わせて『YES』と言ったり、良い顔をしてしまう。

これが自分を偽るや自分に嘘をつくという状態ですよね。

 

このように「他人に合わせてしまう」と演じるという事が嘘や偽りになってしまうのですが、これを「自分に合わせる」とどうでしょうか?

 

自分の本当になりたい姿や、心から望む未来の姿。

 

もしそれを徹底的に演じる事ができたらどうでしょうか?

すでになっている人からすれば、それは至って普通のことで「ありのまま」なんです。

 

そこを目指すのが「理想の姿を徹底的に演じる」ということ。 

 

そして人に合わせるのではなく、自分に合わせるからこそ「演じる」という行為がプラスに働くのです。

 

まとめ:演じることは善である

 

人は誰しもいろんな顔を持っています。

それはつまり、良くも悪くも演じるということに慣れているということ。

 

私は学生時代、人の顔色を伺いながら自分を作ってきました。

だからこそ、演劇をして自分以外の人間を表現する事がとても楽しく、その瞬間はどんなことでもできるような感覚を感じたのです。

 

これまで自分を守るために「演じる」という力を使ってきた人にこそ、

自分の夢を叶えるために「演じる」という力を使って欲しいと思います。

 

演じるということの目的のベクトルさえ正しく使えば、演じることは”善”なのです。

 

あなたの「自分らしさ」とはどういう状態か?

何が理想の自分なのか?

無料相談ではこれらを深めていくこともしています。

是非無料相談をご活用ください。

 


 LINE@登録者限定

「無料相談」

期間限定にて受付中!

 

 

私は、

 「ビジネス現場での自信を作り上げるメンタルトレーナー」アズマカイト

として活動し、

自分の実体験やクライアントさんの実例などを発信しています。

 

・自信がなくてうまくいかない

・思ったことを伝えることができない

・仕事のストレスでしんどい

・でも、何から始めればいいのかわからない

といった方は、

ぜひLINE@にご相談ください。

 

何を書いたらいいかわからなくても

まとまっていなくても

簡単にメッセージを送っていただければ大丈夫です。

私から後ほど返信します。

お申込みが多数の場合は

募集を終了するかもしれませんので

お早めにご連絡下さい。 

お待ちしています。

友達追加はこちらをクリック↓

(@055rubrj) @もお忘れなく

友だち追加

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です