参禅修行を振り返って5 2016.4.16

4日目(最終日)
ラストは午前中の作務が終われば終了
とはいえ起床から数えたら6時間ほどはあるけど
朝のお経の時間は僕らのような参禅修行の人や1泊体験の人、団体で来られた人も参加してるんだけど3回出席して思うのは海外の人がとても多い
永平寺の中にも国際部って部署があってそこで対応しているみたいだけど、英語が話せるお坊さんの他に、外人のお坊さんも在籍してる(服の色からして多分かなり上の位の方もいた)
食物と命は同じ命だって教えは
食べ物=ライフ、命=ライフ
だから食事はライフをシェアすることだ
って教えるんだって
同じ教えだけどこうして聞くとまた新しく感じるし、難しい言葉で論ぜられるより現代だとこっちの方が理解されやすいかもしれない
10時頃には解散したんだけど
雲水さんのご厚意で堂内を案内してもらえることになった(本来は参拝費を払わないといけないし、参拝に雲水さんは同行しない)

釘とか使ってなく木のみで組まれてて、崩れたら現代の宮大工のレベルでは修復不可能とまで言われてる

五代杉とゆく年くる年でも映った鐘楼
(五代目の禅師が植えたから五代杉なんだって)




角度を変えると鉢に植えられてるように見える


傘松閣にある絵天井
花や鳥の絵に混ざって鯉が二枚、獅子が二枚、リスが一枚隠れているそう
ってことで


自力はここまで(笑)



答えを教えてもらってパシャリ

そんなこんなで3泊4日の参禅修行終了しました
初日はあと3日も、、って思ったけど終わってみると少し寂しい気持ちもあった
節目節目でこういう体験をするのは心のクリーニングも出来て、見つめ直すこともできるからこの先もありかなって思ってる
今回の修行でいろんな気づきを得たけど、新しく感じたというより、僕の中ではこれまでの気づきや教えを後押ししてくれるようなものが多かった
この辺りは次回のまとめで書きたいと思う
「踏み出す一歩がどうせ同じ歩幅ならうつむくのはよそう 笑い合っていよう」
咲いて / 仮面ライダーGIRLS
最後まで読んでいただきありがとうございます
つづく

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です