桜  2016.4.7

僕の一番好きな色は桜色いわゆるピンク色
カラーセラピーやオーラソーマとか色と感情は密接なつながりがあるんだけど
好きな色ってその人の心を表していたりする
クローゼットを開けると結構ピンク系のシャツが並んでるし
服を買いに行くとどうしてもピンク系の服に目がいってしまうんだよね(笑)
僕がピンクを好きになったのは父親の影響が大きい
幼い頃だと特にピンクは女の子の色ってイメージがあった
でも父親がピンクのシャツを着ているのを見て、かっこいいと思ったんだよね
あとは桜が好きだから
桜を嫌いっている人はあんまりいないと思うけど
幼い頃住んでた近所に神戸でも有数の桜の名所があった
川沿いに咲き誇る桜はまるで桜のトンネルみたいで上を見ても桜、下を見ても落ちた花びらでいっぱいだった
春になると家族やおばあちゃんと歩くのが大好きだった
厳しい冬を乗り越え咲き誇る桜は人の心を癒し和ませる
誰かにとって僕もそうでありたい
〜風で散っていく桜を見ながら〜
「雪と見てかげに桜の乱るれば 花の笠着る春の夜の月」
平安時代の歌人 西行
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

ジム通い  2016.4.6

次の記事

意識   2016.4.8