3月の総括と謝辞  2016.3.31

早いもので2016年、4分の1が終わりました
これをあと3回繰り返して2017年
そしてそれを繰り返して来年、再来年、、、、
年齢を重ねると1年があっという間に過ぎていくというのは本当のようです
Time is Money
もっと今を大切にしよう
さて今月を振り返ると大きな変化はなく、これまで温めていたものが形になってきたというところです
あとは家族への感謝が増えました
ちょうど3月の初め頃、本当に洗い物をするくらいの短い時間ですが両親に本音を言えた時間がありました
あの数分がなければ、この3月末は違う結果になっていたんではないかと思うほど影響のある数分だったと思います
僕は両親に対しずっと「申し訳ない」という気持ちを抱えていました
仕事に関しても、恋愛に関しても、いわば自分の生き方に対して
18の頃から好きなようにやらせてもらって感謝していました
しかし、それに見合った結果は何一つ残していませんでした
それが悔しくて、申し訳なくて
自分の生き方は親が求める生き方ではない
だからなおのこと結果を出して、「大丈夫だ」と言いたかった
喜んで欲しかった
誇れる自慢の息子でいたかった
だけれど胸を張って報告できるようなことが何もなかった
それを親に言いました
それでも受け入れてくれました
嬉しかった
部屋に戻ると堪えていた涙が溢れ、声を出して泣いていました
親から愛と感謝を学びました
仕事も恋愛も親に対して「申し訳ないから結果を出す」から
「喜ばせたいから妥協しない」に意識が変わりました
そんな3月です
4月は内面を見つめる機会も多そうですが
外からの刺激も多そうな月になりそうです
その辺りも含め、変わらず更新していくのでよろしくお願いします
最後になりましたが
今月も読んでいただいた方、シェアしていただいた方、本当にありがとうございました

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

夢のありか  2016.3.30

次の記事

嘘 2016.4.1