ニーズ 2016.3.25

「どんな人がどんな想いでやってるか」
最近意識していること
もちろん自分自身もそう
昔は想いを語るのは苦手だったし、白々しくて嘘っぽく感じていた
きっとそれに対して本気ではなかったのかも知れない
今日32歳の誕生日を迎え、感じるのは
本気になればなるだけそれにかける想いを言葉で表すと嘘っぽくクサくなる
これは感謝や愛の言葉もそうかも知れない
その想いを気恥ずかしさもなく言えた時、自分自身が一歩前に進んだ気がした
物が良いとかサービスが素晴らしいのはもちろん大切
だけどそれよりも扱う人を見る
極論、腕やサービスが未熟でも想いに共感できたら構わないと感じる
だってその想いがあれば今未熟でも、いつか必ず素晴らしいものになると思うから
だから僕はニーズの押し売りにならないよう気をつける
良いものだから教えたい、伝えたい、話したい
これは全て僕のニーズ
相手が聞きたい、知りたい、学びたいって事と合わなければただの自己満足
一人よがりは楽だけど
相手が何を求めてるのか必死で考えて考えて、通じ合えた時は最高に楽しい
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

意味づけ  2016.3.24

次の記事

真逆  2016.3.26