「辞めない」職場の作り方

激務によるストレスとスタッフ教育の悩みを解決する店舗マネジメント&メンタルケアコンサルタントの東祐樹です。

 

 

サービス業に限ったことではありませんが、お店や会社を経営しいている人間にとって大きな痛手となるのが「スタッフの離職」

 

特に店舗経営の現場では”スタッフ不足”が大きな問題となっています。

 

「人さえ居れば、、、。」

 

これまで、こんな嘆きを数多く耳にしてきました。

 

 

確かに人員さえ確保できれば多くの問題が解決されます。

ただこの解決法は短期的な問題解決にはなっても、長期的な解決には至りません。

 

なぜなら、確保した人員が辞めてしまう事で慢性的な人員不足に陥るからです。

 

ではどうすればスタッフが定着するのか?

 

 

 

一言で言えば「仲良くなる!」 

 

、、、バカみたいな普通の答えです(笑)

 

  

 

順を追ってご説明します。

まずスタッフが辞める1番の理由は「人間関係」

次いで「職場環境」だったり「思っていた仕事と違う」など

 

学生スタッフが就職したり、家族の引越しなど、どうしても辞めざるを得ないパターンももちろんありますが、これを引き止めることは出来ません。

 

しかし人間関係、職場環境は店長やオーナーが作れるものであり、作ってきた結果が今、目の前の状況なのです。

人間関係となると、人それぞれの性格やコミュニケーション能力などバラバラですよね。

そのため「この人とは合わない」という相性の問題が出て来るのも自然です。

 

確かに相性の悪い人がいる職場というのは居づらく辞める要因になるのですが、実は決定打ではありません。

 

1番の問題は、そういった状況を誰かに相談できないということ。

人は「孤立」している時”その環境を離れる”という選択を選びます。

 

私は現場のトップの1番の仕事は「職場環境を作こと」と、これまでにもブロブで書いてはいますが、このような相談できる環境も私は職場環境の1つだと思っています。

 

人は自分の居場所を求めます。

「ここに居てもいいんだ」という感覚。

ここの一員なんだという「所属感」を感じなければ、その環境に愛着は生まれず、「しんどい思いまでして、なぜここにいるのか?」という疑問につながり、

「じゃあ、離れよう」という答えまで一直線です。

 

これまで色んな店長やオーナーを見てきましたが、スタッフと積極的にコミュニケーションをとっている方はあまり多くありません。

 

それは仕事が忙しかったり、もともとコミュニケーションが苦手だという方もいるでしょう。

 

しかしここでの人間関係の構築や職場環境作りはただベラベラと雑談を増やせというようなものではありません。

 

スタッフにとって話しやすい雰囲気を作る、

言うなれば「聞く姿勢」を大切にして欲しいのです。

 

一言で環境を作る「リーダー」と言っても、色んなタイプがいます。

自分を中心に周りを引っ張る熱血リーダーもいれば、チームの後方から支えていくリーダー、サポートに徹して力を発揮するリーダーもいます。

現場のトップも人間ですから向き不向きがあって当然です。

無理なコミュニケーションは相手も自分もしんどくなるので本末転倒ですよね。

あなたがどのタイプなのかは、個別でのご相談でも受けております。

 

あなたに合った適切なコミュニケーションでスタッフの声に耳を傾けてみてください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


 LINE@登録者限定

「無料相談」

期間限定にて受付中!

 

 

私は、

 「店舗オーナーが抱える激務とスタッフ教育の悩みを最短3ヶ月で解決するメンタルケア&店舗マネジメントコンサルタント」

として活動し、

自分の実体験やクライアントさんの実例などを発信しています。

 

・店舗がうまく回らなくて悩んでいる

・スタッフとのコミュニケーションや教育をどうすればいいかわからない

・仕事のストレスでしんどい

・でも、何から始めればいいのかわからない

といった方は、

ぜひLINE@にご相談ください。

 

何を書いたらいいかわからなくても

まとまっていなくても

簡単にメッセージを送っていただければ大丈夫です。

私から後ほど返信します。

お申込みが多数の場合は

募集を終了するかもしれませんので

お早めにご連絡下さい。 

お待ちしています。

 

友達追加はこちらをクリック↓

(@055rubrj) @もお忘れなく

友だち追加

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です