努力  2016.3.12

努力ってなんだろう
辞書には目標の実現のため、心身を労してつとめること。
とある
目標実現のために、心身を労してってあるけどそれって
「当たり前」じゃない?
だって自分がやりたいこと、達成したいことなんでしょ
プロ野球選手を目指してる少年が、毎日素振り1000回してたとして
「俺、プロになるために努力してるな〜」って思うかな?
そんな風に悦に入らずもっと先をイメージしたり見据えてたりしてると思うんだよね
だから僕の中では「努力」は「嫌なことを頑張ること」
嫌だけどやる、気がすすまないけど頑張る、やりたくないけど取り組むetc…
そしてこれは主観の時
主観で使うか他者に対して使うかで大きく意味合いが違ってくると思う
主観で使う時ってただの自己満足
「こんなに頑張っている自分」「かわいそうな自分」を演出する言葉
一方他者に使うのは「賛辞」
本人が努力と思ってなくても僕からすると、なんて頑張ってるんだ、とても努力家だって思うことが多い
さっきの例でいくと、毎日1000本なんてすごっ!てなる
なので努力とは他者からの評価の一つであり自分から公言するものではない
っていうのが「努力」に対しての僕の軸
あくまでも僕の主観であり、自分が努力って言葉を逃げ道にしないよう戒めの意味も込めて書いてます
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です