「刹那」GReeeeN 2015.9.8

今日の1曲シリーズ、本日はGReeeeNの刹那です。
この曲は「生きる」ことをテーマにした歌詞でPVは特撮物っぽいのも特徴です。
歌詞的に私のお気に入りはこちら。
「運命だとか 人生だとか ようは最後の一秒に 笑ってたくて ただそれだけで 全て答えは自分の中」
私はこの部分、あらゆる欲望の終着点のように感じました。
欲望って、つまりはそれを達成した時の感情が欲しいわけです。
物にしても、それを手にした優越感や満足感。
旅行でも楽しいって感情や絶景を見て心震える感動であったり。
そして、なんで生きてるの?って聞かれたら私は迷わず幸せになるためって答えます。
この「幸せ」、人によって違うと思いますが私は「今を楽しむ」と考えています。
引き寄せの法則に則ると「今感じている感情」が発信され、その感情になるような出来事が引き寄せられてきます。
ということは、今を楽しみ、幸せを感じていればそういう出来事がやってくるということ。
ムリにポジティブに持っていくとかではなく、
例えば、、
極上のステーキや寿司を食べて「んまーーい‼︎」っていう感じ。
当たり前に思うかもしれないですが、意識してないと意外と出来てないんです。
出来てない時はどうなっているかというと、「昨日言いすぎたかな?」
「私も悪いと思うけど、あんな言い方せんでもいいのに!」
「明日からまた仕事か、、、」
などなど
終わった過去やまだ来ていない未来に対して意識が飛んで、後悔や不安などに頭を悩ませてるんです。
せっかく目の前に美味しいご飯があるのに。
キレイな景色が広がってるのに。
大好きな人と一緒にいるのに。
幸せを感じるのも不安に悩むのも「全て答えは自分の中」ってことですね。
こう考えて歌詞を聴くと、「今」ということと「答えは自分の中」ということが全体を通して何度も出てきます。
特に「胸張れる自分」「嘘で固めた自分」などどちらが自分の理想かわかっているが逃げてしまう葛藤や、そんな逃げてしまう弱い部分も含めて自分であると認めてあげる強さ、そしてどの選択肢も明日へと繋がる。というメッセージ。
GReeeeNが若い世代の支持が多いのはこの青臭いメッセージが若者の感情とマッチしているのかもしれません。
タイトル「刹那」の一瞬という意味。
決して刹那的な快楽ということでは無く、この一瞬一瞬を大切にしましょう、と私は受け取っています。
おりしも今日は台風近づき雨が強くなっています。
風雨をしのげる家があるって幸せじゃないでしょうか?
当たり前のことに感謝できる人は素晴らしい人だと思います。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です