対人関係 2016.3.2

人から嫌われたくない
否定されたくない
みんなに好かれたい
そのために無理することもあるし、がんばってしまうこともある
でもそうすればそうするほどしんどくて辛い時が多くなる
「他者を喜ばせるために生きる」
言葉だけ聞くととても素晴らしく聞こえる
じゃあ自分は誰が喜ばせてくれるの?
あなたは周りの期待に応えてばかり
そのうち、これだけしたんだからこれくらいしてよ!ってなっちゃわない?
見返りを期待して満たされないと苛立ってしまう
嫌われることを恐れちゃいけない
どんだけしても自分を嫌う人はいる
出会った人全てに好かれようなんてナンセンス
もちろん僕だって進んで嫌われようとは思わないし、好かれたい
でも嫌う人もいるって受け入れるだけでもずいぶん楽
逆を言えばナチュラルな僕を好いてくれる人もいる
同じ時間を使うなら、嫌われてる人に好かれようとするより、好いてくれてる人の事を考えたい
嫌いな人や嫌いなタイプは僕にもある
自分は嫌うけどみんなは僕を好いてねじゃ筋が通らないしね
だからおあいこ
やれることやって、お互い手の内見せたならあとはそれぞれの問題
好きになるもよし、嫌いになるもよし、
ここに「must」は存在しない
あるのは選択の「自由」
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です