生涯の伴侶  2016.2.18

疲れてどうしようもなく眠気が来たり
大事な仕事を終えた途端熱を出したり
身体はいつも自分の味方
そうでもしないと頑張りすぎて休みを取ってくれないから
身体からの優しさ
身体に無理な負担をかけたり
傷つけてしまったり
顧りみないのはいつも自分
それでも身体は死ぬまで
付き添って支えてくれる
たまには身体の言うこと聞いてあげよう
たまには身体が喜ぶことしてあげよう
そしたら機嫌が良くなることを僕は知っているから
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

くだらない話 2016.2.17