自称現実主義  2016.1.27

人は夢を見る
朝目覚めたら、宝くじが当たり、希望の部署に配置換えが起き、気分ルンルンで立ち寄ったバーで運命の人と出会う
そんな素敵で最高な1日を夢見て、そんなことは起きないと思っている
でも現実主義の皆様、朗報です
まず宝くじが当たる確率、種類や等位にもよりますがジャンボ宝くじの1等は1000万分の1と言われています
続いて配置換えが起こりうる確率、これも普段からのアピールに左右される面もありますが0ではありません
最後にバーで運命の人と出会う確率、配置換えよりは低そうですが体験談を持っている方がいるということはこちらも0ではありません
ということは、、、掛け算上0が存在しないので0%ではないのです!
その夢、叶う可能性はあるんですよ
、、、、
、、、、
なんて、少し皮肉ってみる
確かに0ではないがとんでもなく低い確率だろう
大金を手に入れ、好きな仕事をし、素敵なパートナーを得る
だがこの確率を上げる方法がある
「自らの意思で動く」
稼ぐ術を学んだり、好きな仕事を本業の傍ら少しずつ取り組んでいたり、理想の人が習っていそうな習い事に自ら通ってみたり
このように動いている人を見て、多くの人は
「なに、夢みたいなことをやってるんだ。もっと現実を見ろ」
と言ってくる
しかし実際はどうだろうか
宝くじが当たることを夢見てる自称現実主義者と
夢を追いかけ行動している理想主義者
どちらが望む結果を手に入れる可能性が高いだろう?
どちらが現実と向き合っているのだろう?
もちろん正確な統計をとったわけではない
だが宝くじが当たった人に出会ったことはないが、上記3点を掴み取った人たちは何人も知っている
だから僕は「行動した方が早くねっ?」って思う
夢を見るのは自由
でも同じ夢を見るなら、時間、お金、思考を少し変えた方が確率は上がるんでないかな
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

傷  2016.1.26

次の記事

休息の覚悟  2016.1.28