期待をするな  2016.1.23

今日は友人の結婚式、私は二次会から参加しましたが幸せそうでなにより。
懐かしい顔ぶれにも再開できましたし、純粋に嬉しくそして楽しい時間でした。
そんな新郎新婦に伝えたい気持ちは「期待するな」ということ
言葉だけ聞くとひどい印象を持ちますが、そうではありません。
「期待をする」ということは減点方式です。
仕事から帰った旦那さんが疲れたしご飯食べて風呂に入って早く寝ようと思っていたとします
しかしご飯の支度も風呂の用意もできていなかったらどうでしょうか?
「なんでできていないんだ」と不満がたまります。
それを相手に伝えるかどうかは別問題ですが、できていないと不満に思い、できていたとしても想定内のことなので当たり前としてご飯を食べ風呂に入り寝ることになるでしょう。
一方で「期待をしない」は加点方式
初めから期待をしていないのでできていなくても別段腹も立たず不満とも思いません。
逆にできていればそこに生まれるのは「感謝」です。
ご飯を作ってくれている、お風呂を沸かしてくれている、たったそれだけのことかもしれませんが結婚すれば生涯その毎日が続いていきます。
たったそれだけのことにどれだけ感謝できるんでしょう?
奥さんがしたことはどちらも同じです
ご飯を作りお風呂を沸かしていた
ですが受け取り手の気持ち次第でそれを「当たり前」と思うのか「ありがとう」と感じるのか
互いが感謝し続け合える関係って素敵じゃないでしょうか?
少なくとも私は素敵だと思うし、そうありたいと思います
どうか二人の結婚生活が幸せと感謝に満ちた毎日でありますように
ハッピーウエディング!末長くお幸せに!!
最後まで読んでいただきありがとうございます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

中二病 2016.1.22

次の記事

選択  2016.1.24