偽善をしよう  2016.1.20

偽善とは外面的には善い行為に見えても、それが本心や良心からではなく、虚栄心や利己心などから行われる事を指している。(Wikipediaより抜粋)
偽善ってなんか悪者扱いされるけど、そんなことないと思う
というか胸張って偽善していこうくらい
本当の善行ができる人は「善いことしよう」なんて思わず、スッとお年寄りに席を譲れるし、困っている人に手を差し伸べられる
ごく自然に、当たり前にそれをやってのける人
もちろんそうなりたいとは思う
でも利己的な自分はそんな自然になんて出来ない
周りの目を気にしてしまったり、言うのが恥ずかしかったりして躊躇する
勇気を出してやってみて感謝されたりすると自分を少し誇らしく思っちゃう
誇らしく思う時点でその行為は純粋な善ではなく偽善だと思うのね
でも結果、感謝されてる
自分の行為で助かった人がいる
善だろうが偽善だろうが、その人にとっちゃ同じこと
だったらどんどん偽善してどんどん自分を誇らしく思えばいい
たまにその偽善すら出来なくて落ち込んだりもするけど、それでもいい
別に強制されてもないし、ノルマがあるわけでもない
偽善を繰り返し繰り返し、誇らしい自分に酔いながらでも繰り返していけば偽善が当たり前になってくる
そうすれば、いつのまにか「偽」が取れてるんじゃないかな
最後まで読んでいただきありがとうございます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

主役  2016.1.19

次の記事

サービス論  2016.1.21