変化とバランス 2019.4.13

最近僕自身が感じていたことをシェアしていこうと思います(^^)
このところ、何かアクションを起こそうとすると「めんどくさいなぁ」とか「なーんかやだなぁ」とか感じてました
そういう時は決まって「ネガティブな感情が湧いてきてるってことは、自分らしくないから辞めとこう!」
↑これがいつものパターンなんですね(笑)
じゃあ自分は一体何がしたいんだろう??
と考えても「これ!」というものは無くて、堂々巡りをしていました
でもこのネガティブってなんだ??
と自分と対話してみると、少しずつネガティブの裏に隠された感情が見えてきました

それが”恐怖”
恐怖なんて書くと大げさなんですが、意外と変化することにビビってたんだなってことだったんです
僕らの心は「変化」を嫌う習性があります
それは自分が望む変化も今とは変わることなので、無意識に抵抗するんですね
頭は望むのに、心は拒む
だから「自分らしく~」とか言ってたら、いつまで経っても前に進むアクションを起こせない
やってみて違うと思えばやめればいいし
やれそうと思えば続ければいい
そのくらいフランクに実験感覚でやってみれば、前に進む
(↑僕自身に言ってます笑)
心を感じることは大切だけど、なまじ感じすぎても頭でっかちになってしまうから
心と行動とバランス良くだな(^^)
と再認識した今日この頃でした
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

楽しむ習慣 2019.4.12

次の記事

名前を呼ばれた時 2019.4.14