脳への休息  2016.1.16

少し前に睡眠不足だと書いたりしたのですが、睡眠時間が短く起きている時間はなにかしらいろいろ考えているので、脳への負担が少しずつ溜まっているようです。
普段せわしなく動いているとなかなか気づかないのですが、脳がリフレッシュできている感覚を脳に覚えさせると徐々に違和感を感じるようになるのです。
疲れたぞ、休ませろ、と言わんばかりに思考がモヤモヤしたりつまらない事で悩んだり、とにかく思考がクリアではなくなってくるのです。
そうなると脳を掃除して綺麗な状態にしてあげないと、シンクに水が詰まっているような状態で汚くて底も見えない感じでどんどんネガティブな思考に偏ります。
ではどんな掃除をするかというと、ゆっくりお風呂に入って本を読む。
本を読むといろいろ考えるのではと思うかもしれませんが、集中して読んでいると目や体は疲れるかもしれませんが思考はスッキリします。
これは集中している時は脳が快の状態だからだと思います。
あとは軽い瞑想をします。
時間はその時の気分で短いと10分くらいから長くて30分くらいかけてやることがあります。
大半は雑念との戦いですが、こうして時間を作らなければ延々雑念だらけだったわけですからそれだけでも効果があります。
定期的に脳の掃除をしてあげることで思考のパフォーマンスが向上し落ち込みにくい思考回路になります。
ぜひ試してみてください。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です