愛ある選択 2019.1.15


腹立ったり、苛立ったら、ムカついたり、、
まぁほぼほぼ同じ意味ですが(笑)
だから相手にも冷たい態度をとったり、いじわるしたり言ったり
いわゆる感情的になっちゃうってこと、ありません?
僕はコレ、めっちゃ持ってました(笑)
特に距離感が近い人ほど出ちゃうんですよ
恋人だったり、親友だったり
なかなか怒りがおさまらないし、何度もぶり返すんですよ
理性的、理論的に考えれば仲良くしたいし、意地悪したくないのに
感情はそれを許しません
「あんなこと言われたんだぞ!」
「こんなことされたんだぞ!」
「仕返しだ!倍返しだ!俺と同じ気持ちをわからせてやれ!」
っと主張してきます
怒りがふつふつと湧いているうちはこの状態で、”されたこと、やられたこと”ばかりを見ています
なので、なかなか怒りが消えないんですね(笑)
ここにフォーカスが当たりやすくなってるし、怒りの暖炉に薪をどんどん入れてるみたいなもんです🔥
で、どんなに「本当はどうしたい?」って心に問いかけてもなかなかフォーカスが当たらないし、すぐ怒りのほうに引き戻されてしまうんですよね
こんな時に僕がやっていて、オススメなのが
「人間的にも、社会的にも、経済的にも上手くいっている理想の自分ならどうするだろう?」
もしくは「憧れの人ならどうするだろう?」
この質問に変えるだけで、主観的な思考から客観的な思考えと変えることができます
基本的にどんなに正当な理由があっても、そこに怒りが入っていれば、その行動に愛は存在しにくいんです
純粋な愛から、相手を怒ることもあると思います
だから大切な人であればあるほど、
その行動に
その言葉に
「そこに愛はあるのかい?」と問いかけてみてください
きっとそれだけで自分の選択も、相手との関係性も驚くほど変わっていくと思います^_^
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

ココロの境目 2019.1.14

次の記事

クセづけ 2019.1.16