運を呼び込む神様ごはん  2016.1.5

今日ご紹介するのは開運料理人ちこさんの書いた書籍です。
先月の15日に行かせていただいた「ゆにわ」の店長さんです。
こちらの本ですがごはんと書かれていますがレシピブックではありません。
ジャンルとしては自己啓発に当たります。
この本の読みやすいところは、いわゆる自己啓発の内容を料理というもので表しているので、とても日常的で共感できやすいというところ。
あとは神道や風水の教えも入っていますが、私としては神道の考え方は昔から日本人が持っていた価値観なので、スッと入りやすいのでは無いかと思います。
この本の中で私の好きな箇所は「流し台(シンク)の汚れを落としてみる」
流し台(シンク)と思考(シンク)は連動しているという考え方です。
ただのダジャレやこじつけとして捉えるのも一つかもしれませんが、言霊という観点から見ると一方が汚れたり乱れたりしていると片方も汚れていたりするそうです。
似た考え方に部屋は頭の中というものもあり、こちらも部屋が散らかっているときは頭の中も散らかっているというものです。
どちらも流し台を掃除する、部屋を片付けるという単調な作業を淡々とこなすことで頭の中の雑念が取り払われ、脳がリフレッシュできるということだと思っています。
風水で水場はキレイにというのも水に悪い気持ちや嫌な気持ちが溶けやすいのでキレイに保ちましょうという考え方もあります。
次に一人暮らしをするときはこの本に載っているごはんの炊き方や、調味料へのこだわりも取り入れたいと思います。
レシピ本では無いですが、良いごはんの炊き方や出汁の取り方などは書いてます。
取り入れられる範囲でまずは実践する。
結局は迷信でしょとやらないのも自由、へーそうなんだ!とやってみるのも自由。
どちらが良い正しいというのはありません。
結果毎日が楽しく幸せであればいいということです。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

自由と責任   2016.1.6