選択の基準 2018.12.7


一瞬、あったかくなったと思ったらまたグッと冷え込んで来ましたね
毎日掛け布団が変わります(笑)
つい先日、演劇時代の戦友から「俺の弟子が花屋を開くことになった」とLINEが入りました
彼は演出家、その弟子が何で花屋?と思いましたが自分のやりたいことを形にしていく人が増えていくのは嬉しいなぁと思います
で、送られてきた画像を見ると花は花でも
布で作るアートフラワーでした💐(笑)
それもかなりスタイリッシュなデザインで花というより「作品」と呼ぶ方が合うような雰囲気
これを「花屋」と呼んでいいものか?
彼の感性は昔から独特です(笑)
そんな彼は間違いなく僕の人生に影響を与えた人物の一人です
演劇時代、彼がずっと言ってたことが
「人と逆をしろ」
台本を読んでも即興で演じても、「多分こういうことだな」という、大多数のセオリーの逆をずっと追求したのが彼でした
逆とは言っても、演劇の場合正解が無いですから、「人と違うことをする」ということなんですが、そのせいでクラスから浮くこともありました
今思えば、正解がない答えの中で人と違うことをしていくということは、見落としがちなあらゆる可能性を考えて、それを拾うことが出来るようになるということです
彼に「何で逆をするの?」と当時聞くと
『だっておんなじような演技見ても、おもろないやん』
と(笑)
彼の中では自分と客が面白いと思えるかどうか
そんなシンプルなものでした
これってなんだか人生と似ていませんか?
正解がない答えの中で、自分の”答え”を僕たちは出していきます
多くの人と同じ答えを出してもいいし、少数派の答えを出すのも自由
あらゆる可能性が僕らには秘められています
そして自分と周りが、毎日を面白いと思えるか?
毎日を楽しいと笑顔で過ごせるか?
自分の答えを選ぶ基準はそんなシンプルなことなんだと思います
人とは違う答えを選び続けた彼は、演出家になりました
おそらく演出家一本で食っていっている一握りの中でも最年少クラスです
それはきっと「面白い」と思える人生の選択をし続けた一つの”答え”なんだと思います
彼の演出する舞台はかなりクセがありますが(笑)僕は彼の世界観がとても好きです
興味のある方は一緒に観に行きましょう(^^)
最後まで読んでいただきありがとうございます
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
体験セッション受付中!
ただいま体験セッション60分を無料で受け付けています!
体験セッションでは、、、
・自分のことを深く知れる
・頭の中が整理される
・悩みの原因と解決法がわかる
・元気になれる etc…
これまで受けていただいた方からは
″自分のことが好きになった”
“難しく考えていたことがシンプルになった”
“心がスッと晴れた”
“元気をもらった”
といった声を頂いております
自分のこと、人間関係、ビジネス、恋愛
まずはお気軽にご相談ください(^^)
https://ws.formzu.net/fgen/S36131855/
ご質問、お問い合わせもお気軽にご連絡ください
FacebookのコメントやメッセージからでもOKです👍
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

手段と目的 2018.12.6

次の記事

無意識のブレーキ 2018.12.8