恋愛の準備をしよう#3     2016.1.2

前回女子力という言葉を使いましたが、この「女子力」とは何を指すのでしょうか?
周りの友人に聞いて回ったところ、1位はやはり「料理ができる」でした。
2位に料理をとりわけたりする「小さな気遣い」ができる人がランクインしました。
いわゆる、昔の女房タイプだと私は思います。
結婚前に花嫁修行というものが以前はありました。
現代においては「やっています」という人にまだ出会ったことがありません。
とはいえ、過去の花嫁修行のイメージでは華道や茶道が強く、現代においては役に立つ機会がほぼ無いのが現状です。
なので現代の花嫁修行は「料理」「洗濯」「アイロンがけ」「裁縫」など、より実生活に密着したものを花嫁修行と呼んでいるようです。
確かに男側からすれば、この辺りが普通に出来る人ってすごいと思います。
料理を始め生活においての能力はこの現代版花嫁修行で身につくと思います。
しかし、この2位の「小さな気遣い」はどうでしょうか。
私はこれこそ、華道や茶道の本来の役目だったのではと思うのです。
○道(華道、茶道、剣道、柔道、神道など)の道とはそのものの技術だけでなく、考え方も含めた教えになります。
だからこそ昔の人は花嫁修行として取り入れていたのではないでしょうか。
現代は状況も変わり、女性も社会に出てバリバリ働いています。
ですので、過去の女性像を真似るだけでは無理があります。
では現代においての心の在り方は、どうすればよいのか。
ズバリ、「好きなことをする」です。
仕事でも趣味でもいいと思います。
好きなことをすると自然と笑顔も増えます。
最近ではヨガやボルダリングなど女性人気も高まっているので、休日にリフレッシュしに行っている人も多いのかもしれません。
他にもエステやネイルなど美に対してお金を使うことも良いと思います。
過剰に使いすぎてはいけませんが、自分へのご褒美として、身体が喜ぶことをしてあげましょう。
~恋愛の準備~
心も身体も喜ぶことをしよう
ストレス社会においてナチュラルな笑顔を振りまける人はそれだけで魅力的に映ります。
レッツワンランクアップ!!
最後まで読んでいただきありがとうございます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

新年飲み    2016.1.1