思い込み 2018.8.11


今日は先日、老人ホームに入所したじいちゃんに会いに行きました
うちの祖父は98歳
100歳も目前というのに、昼食に洋食屋さんのシチューを平らげ、ビールを飲み、とにかく元気です
つい何年か前には、ジムに入会するなど、とにかく気になったものは自分でやってみなければ気のすまない性格
実際1ヶ月ほどで辞めたらしいですが、色んな運動マシーンを試したそうです(笑)
そんな祖父ですが、実は自分の年齢を覚えていません
というより気にしていないというのが正しいです
もちろん生年月日は覚えていますが、気にしていないので、今自分が98歳とは思っていないんです
だから心は若いままだし元気なままです
僕らは年齢も含め、自分や周りのイメージに引っ張られていきます
もし僕たちが”98歳なんだから”と何度も言っていれば、もっと弱々しくなっていたかもしれません
これは年齢に関係なく「君には無理だ」というような言葉を何度も聞いていると、「自分には無理だ」と思い込んでしまったり
反対に「君なら出来る」という言葉を繰り返し貰っていると、「何だか出来そうだ」と思えたり
言葉によってその人の性格までも作られていくわけです
誰かから投げかけられた言葉でも作られるし
自分が発した言葉でも作られます
変化を望むなら、プラスの言葉をかけてくれる人たちのいる環境に変えることも有効です
けれど、すぐに環境を変えれないコトもあります
そんな時はまず自分の発している言葉からでも変えていくこと
そうするコトで少しずつでも理想の自分を作り直して行くことは可能です
あなたは自分にどんな言葉を投げかけていますか??
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

頑張る 2018.8.10

次の記事

視点を変える 2018.8.12