内側の言葉 2018.4.25


「言葉」というと誰かとのコミュニケーションに使うものですが、そのための”ツール”だと思っていないでしょうか?
例えば会話もそうだし、自分の気持ちを伝えること、そのための”ツール”として言葉がある
確かに間違いではありません
しかし、それは声に出して言う外側の言葉
僕らはどんな事をしている時も、頭の中に言葉を浮かべています
人の話を聞きながら「なるほどなぁ」とか「ん?どういうこと?」とか
一人で歩いていてても「今日も暑いなぁ」とか「あの人の方にゴミ付いてる」
「声かけた方がいいのかな?いや、辞めとこうかな?」
などなど
内側に言っている言葉があるんですね
いくら外側に向かう言葉がキレイでポジティブな言葉を使っていても、内側の言葉が汚かったりネガティブだったりすれば、、、、
単純に考えてどちらの時間の方が多いでしょうか?
人と会っている時に使う”外側の言葉”
何をしている時でも使われている”内側の言葉”
答えは明白でもちろん”内側の言葉”ですね
外側の言葉を意識するのはもちろんですが、ふとした瞬間、何も意識していない瞬間の言葉こそ、「今のあなた」を作っています
内側の言葉にも意識を向けてみてください
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

ご馳走 2018.7.24

次の記事

挨拶 2018.7.26